2012年07月05日

「ありがとうございます」をテープで流されてうれしい人はいますか?

最近アフィリエイトを本格的にやろうと思って頑張っていらっしゃるアフィリエイターさんのサイトを研究させてもらってます。

インターネットの面白いところは、気にかけたことがない情報は見れないということです。

当たり前のことなんですが、アフィリエイトを本気でやろうと思うと検索するキーワードが変わってきて、それまでまったく知らなかった人やサイトが目に入りだします。

これは人間の脳でももしかしたらDNAとして先祖の記憶が蓄積されていて自分が検索すると出てくるのと同じなのかもしれません。コンピューターのように検索窓にキーワードを入れるだけで出てくるというような簡単なものではないでしょうけれど・・。

いろんなタイプのアフィリエイターさんがいますが、あまり個性的な人はみかけなかったな〜という印象です。僕が知らないだけかもしれないし、今は先生の教えをひたすら守っている段階でこれから個性が発揮されてくるのかもしれません。

その中でも感じがよさそうな人のサイトがあって、たまたま自分の欲しい物を特典付で販売されていたので、直接販売元で買わずにその人を経由して購入しました。

たぶん僕みたいな感じでその人から受ける印象に好意をもって購入される方も多いと思います。

いろんな商品を販売しているみたいなので、報酬額の少ない商品の購入者をいちいち相手にしている時間がないのかもしれないのですが、購入の際にこちらから少しプライベートな内容を付け加えたのですが、購入後の返信メールにはその内容についての言葉は一切ありませんでした。

たぶんあらかじめ用意されている文章をそのまま貼り付けて返信されたのでしょう。

よくお客さんのことをリストと呼ぶアフィリエイターや情報企業家がいますが、お客さんはあくまでも一人の人間であってアルファベットで分けられるものではないということを良く考えて欲しいと思います。

マクドナルドで「ありがとうございます」の言葉を録音テープを流すことにしたらどうなるんでしょう。

少しの努力であきらかにそれ以上の報酬を得ているアフィリエイターが多すぎるように思います。

そういった世界なんだから儲けてから意見を言え!

と怒られるかもしれませんが、やっぱりそこのところを大切にされていないと長続きはしないと思うのは僕だけなんでしょうか。

スポーツ選手やミュージシャン、芸術家、その他いろんな職業の人たちが精一杯やって自分の最高のパフォーマンスを見せれるように努力している世界が確かに存在しているはずなんですが、アフィリエイトをやっているとそこらへんが少し麻痺するのかもしれません。

パフォーマンスで思い出したのですが、うちの奥さんが好きなEXILEのライブが先日札幌でファイナルを迎えたようです。

よくリーダーのヒロさんは最高のパフォーマンスを見せたいと口癖のように言っているのですが、メンバーにも当然浸透していて、僕も奥さんの脇でちらちら見ながらもそのパフォーマンスに感動しています。

彼らのパフォーマンスは、本当に勇気や希望を与えてくれると思います。

ボーカルのATSUSHIさんが自分の大きな夢として歌で病気を治したいと言っていました。僕にはまったく不可能でないような気がしていて逆に時間の問題かなとさえ思います。

お客さんを相手にするということでは、アフィリエイターもアーティストも同じであるはずです。

最後にかける言葉によってその人のパフォーマンス度が計れるような気がしました。

本日のおまけ画像

そのそもEXILEのラストライブを見るきっかけとなったのはアメーバピグからのメールです。

アメーバで2年ほど前からブログをやっていたのですが、ピグというものに興味がなかったので作っていませんでした。それなのに突然EXILEのTAKAHIROからプレゼントがありますというのです。

これは張り詰めた家庭内の空気を少し緩和できるのではないかという思いから奥さんの機嫌をとるために慌ててピグを作成し自分の部屋を作りました。

少しするとその部屋にTAKAHIROが現れてEXILEロゴ入りのうちわをプレゼントしてくれました。

と同時にこのライブが生で配信されるという情報を知ったのです。

非常にうまいマーケティングだなあと感心しながら、女の子ばかりのピグの中に入ってライブを観ていました。おっさんただひとりでしたが、最後のアンコールの際のウェーブでは関係ないのですが、僕も実際の会場内の人たちと同じようにジャンプしてみるととなりの人も合わせてジャンプしてくれました。

はずかしいやらうれしいやらのエンディングとなりました〜わーい(嬉しい顔)

exile_430.png

exile_b.png

最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。
内容がおもしろいと思われましたら、更新の励みになりますので、応援のクリックをお願いいたします。→人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ


【メルマガ発行】
生き方についての考えを少し違った視点で書いたメルマガを発行しています。
不定期発行で忘れたころに届きます。
よければご購読ください。

メルマガタイトル【このメルマガの発行人はあなたです!】

★メールマガジンは、以下のページから登録・解除することができます。
第1号は登録無しで読むことが可能です。
 とりあえず第一号を読んでみるかたはこちらです。
いつでも解除できますわーい(嬉しい顔)








posted by 時間プランナー at 12:45| Comment(0) | 日々の営業での気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月16日

ハーバード流”NO”と言わせない交渉術

あるアメリカ人ビジネスマンがモスクワまで商用旅行をした。

空港に降り立った彼は、宿泊先のロシアホテルまでタクシーを利用することにした。

片言のロシア語で、彼はタクシー運転手にホテルまでの料金を聞いた。

「四十ルーブルです」

と運転手は答えた。それは、その当時のレートで換算すると六十ドルにもなる。

いかにも高すぎると思い、他の運転手にも同じことを聞いてみたが、

その返事はやはり、

「四十ルーブル」

であった。

そこで彼は、空港ロビーまで引き返して

”ドルショップ”で二十ドルのウォッカを一本購入した。

そして、それを最初に接触したタクシー運転手に示し、

料金代わりでどうかともちかけた。

すると、相手は喜んで承諾したのである。

なぜか。

その理由はロシア人たちにとって、そのウォッカを手に入れるには

街の酒店の前で長蛇の列をつくり、

四時間も待たなければならなかったからだ。

ウォッカは、アメリカ人ビジネスマンにとっては、

”低価格”であったが、ロシア人運転手にとっては

”高利益”だったのである。

ロシア人にとってタクシーをロシアホテルまで運転していくのは

”低価格”であったが、

アメリカ人ビジネスマンにとっては

”高利益”だったというわけである。

「ハーバード流”NO”と言わせない交渉術」より
=========================

インターネットでマーケティングをしているとYESを言わない人に

時間を割くより、最初から共感してくれる人に対して売り込みをする

ということを考えがちですが、

よくよく考えてみると

ユーザーに自分のページを見てなんらかの行動を起こしてもらうためには

”低価格”と”高利益”という原則を忘れてはならないと思います。

いくらターゲットを絞り込んだとしても

そこには見えない交渉術が存在するのだろうし、

その交渉を有利に進めるために

心理学やコピーライティングなどのテクニックなどをもちいて

提供する側の思いや相手が手に入れる”高利益”を理解してもらう必要があります。

そろそろこの「喫茶るんるんの成長日記」も

高利益を提供できるようにならないといけませんね。

同じ本がいろいろ出ています。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。
内容がおもしろいと思われましたら、更新の励みになりますので、応援のクリックをお願いいたします。→人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ


【メルマガ発行】
生き方についての考えを少し違った視点で書いたメルマガを発行しています。
不定期発行で忘れたころに届きます。
よければご購読ください。

メルマガタイトル【このメルマガの発行人はあなたです!】

★メールマガジンは、以下のページから登録・解除することができます。
第1号は登録無しで読むことが可能です。
 とりあえず第一号を読んでみるかたはこちらです。
いつでも解除できますわーい(嬉しい顔)




posted by 時間プランナー at 09:59| Comment(2) | 日々の営業での気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月14日

著作権と免責事項について

最近無料レポートなんぞを作っては配信スタンドというところに登録して

読んでもらおうという作戦に出ています。

配信スタンドというのは、そういった無料レポートを

まとめて紹介しているサイトで、

気に入ったレポートがあればダウンロードできる

システムになっています。



ダウンロードと同時にその無料レポートを作った人の

メールマガジンに同時に登録されます。

無料で情報をあげる代わりにあなたのアドレス頂戴ね。

というものです。

僕も最近本業の不動産に関してのレポートを作り、

配信スタンドに登録しました。

2つ作ってひとつは登録済みでひとつは申請中です。

一度登録すると爆発的にメールアドレスが

ゲット出来るのかというと

そんなことはないようです。

登録するカテゴリやタイトルなんかで

多少変わるのかもしれませんが、

基本的にはいろんなところで告知して

最終的にダウンロードボタンをクリックしてもらう必要があります。

道のりはまだまだ長いな〜って感じです。

それについてはボチボチやっていくとして

本日のテーマ「著作権と免責事項について」です。

このブログを初めてご覧になったかたは

びっくりするかもしれませんが、

いつもこんな感じで前置きが長いです。

自分でも悪い癖だと思っているんですが

こちらのブログに関してはこれでいこうと思います。

え〜っとなんでしたっけ

著作権

そうそう

免責事項については

また次回、

なんか言いたいことが出来たときにでも話します。

今日は著作権について。

一生懸命考えたことが

他人に勝手に使われるというのは

腹立たしいものかもしれませんが

僕は今のところというか

これからも著作権について

あ〜だこ〜だと書くつもりはありません。

著作権という権利が付くほどの内容が無いからです。

ではなくて

自分の考えていることが

たとえ盗まれても

広がっていくほうがいいのではないかと思うからです。

著作権を主張することと広がる広がらないは関係ない

とか言い出す人もいると思います。

ホントは著作権によって逆に広めやすくなるのかもしれませんが

知識の乏しい僕からすると

無いほうが絶対広がるんじゃないかと思うわけです。

もちろん

内容に魅力があって、

他人に教えてあげたいだとか

自分の会社の方針として盗みたいぐらいの

テクニックだとか

なんにせよ

価値があることが前提ではありますが・・・。


宗教ではないですが

いちいちキリストや仏陀が

「これは私の考えたことなので

勝手に広めたりしたら賠償問題に発展するよ」

なんて言ったとは思えないんです。


僕の考えは、ある意味宗教的な考え方が基本です。

なにかの宗教にはまっているわけではなく

もしはまっているとしたら自分教だと思います。

どんな人でも自分の人生においては

自分が主人公なんだから

自分を神様扱いにして行動を起こすべき

などと考えています。

これを語りだすと話が長くなるので

僕の発行するメールマガジンを購読してください。



さりげなく宣伝をしてみました。わーい(嬉しい顔)

まあ

とにかく

今、僕がやっていることは「時間プランナー」という

ネーミングをあらゆる手段で発信しまくることです。

そのためにはいちいち著作権などというものを

無料レポートにつける必要があるのか〜?がく〜(落胆した顔)

全然無いだろ〜!わーい(嬉しい顔)

ということです。

来月にはこの考えが180度変わっているかもしれませんが・・・もうやだ〜(悲しい顔)

本日は以上。

考えが変わる前に一応レポート置いておきます。

ブログ記事と違って少しだけ考えているので

そんなに前置きは長くないよ。

住宅ローン返済にお困りの方用無料レポート
「住宅ローンの悩みから抜け出すための本」
↑タイトルをクリックしたら見れますよ。
任意売却や競売でお悩みのかたの相談窓口サイト:競売相談所

家を買いたいと思っている人向け無料レポート
「不動産業者が絶対に教えない。
家をあなたの思う値段で買うためのテクニック」

↑タイトルをクリックしたら見れますよ。
日本一詳しい不動産情報サイト:在庫不動産商会

本日のおまけ画像

無料レポートのそれらしい画像を作ってみました!
住宅ローンの悩みから抜け出すための本

家をあなたの思う値段で買うテクニック

最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。
内容がおもしろいと思われましたら、更新の励みになりますので、応援のクリックをお願いいたします。→人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ


【メルマガ発行】
生き方についての考えを少し違った視点で書いたメルマガを発行しています。
不定期発行で忘れたころに届きます。
よければご購読ください。

メルマガタイトル【このメルマガの発行人はあなたです!】

★メールマガジンは、以下のページから登録・解除することができます。
第1号は登録無しで読むことが可能です。
 とりあえず第一号を読んでみるかたはこちらです。
いつでも解除できますわーい(嬉しい顔)


タグ:著作権
posted by 時間プランナー at 18:33| Comment(2) | 日々の営業での気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。