2011年11月12日

20万円のカメラを落としました〜

CANONの一眼レフカメラ(20万円ぐらい・・広角レンズが高かった〜)を地下鉄内で忘れてしまいました。

今日の午前8時ごろのことで、2時間経過したのでさきほど電話で確認したところ届出はないとのこと。

ブログに書いている余裕などないほど心臓がバクバクしているのですが、最悪の状況(誰かに持ち去られてしまう。)を考えてこの状況を前向きに捉えないといけないと思い、頭で整理するよりここに投稿することで、記事も更新でき、悪い事件を忘れることもできるかもしれないという一石二鳥を狙っています。

高価な持ち物をなくしたことが、自分にとってラッキーだと思うにはどうしたらいいでしょうか。

まずカメラがなくなったということで、撮影が出来なくなる。

ということは

自分で撮影に行かなくなる。(昨日も車に乗って新築現場の撮影に行ってきました。)

ということは・・・

撮影が必要なときは誰かに頼まなければいけない。

費用がかかる。

ということは・・・

むやみやたらに撮影をすることがなくなる

撮影する意味を深く考えるようになるとともに撮影するのであれば注意深く計画を立ててするようになるかもしれない。

また撮影にようしていた時間が余る。

これだ〜!わーい(嬉しい顔)


たぶん撮影するよりももっと大事なことに時間を使いなさいということなんだと思います。

いつもここでご紹介しているダン・ケネディの本に「社長のための時間の使い方」という本があるのですが、今年の初めにそれを読んでから時間に対する意識がかなり変わりました。

自社のHPもそれを意識したものにしています。
http://smilespace.jp

もしかしたら届けてくれて手元に戻ってくるかもしれませんが、撮影にようする時間を考えるいい出来事であったことには、変わりはないと思います。

ブログを書き始めていたときの心臓バクバクは、収まったようです。わーい(嬉しい顔)

本日のおまけ画像

気分転換の昼食(ビール付き)

ある日の昼食.jpg

田舎煮 100円
鶏皮煮 100円
そしてなぜか赤飯 128円
合計 328円

安すぎる〜。
スーパー玉出おそるべし!

最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。
内容がおもしろいと思われましたら、更新の励みになりますので、応援のクリックをお願いいたします。→人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
posted by 時間プランナー at 10:06| Comment(0) | 日々の営業での気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。