2011年10月24日

あたりまえは危険

るんるんの常連さんで毎日アイスコーヒーを2杯以上飲んでくださる方がいました。

日常のささいなことを話題に1時間程度時間をつぶされていたのですが、テレビの地デジ化で大変困られていたことを今日行った家電量販店の設置看板を見て思い出したのでご紹介します。

その看板はこちら↓↓

アフターサービス.jpg

その方は車も電話もない方で、バスに乗ってド○キホーテでデジタル対応テレビを購入されました。

次の日にるんるんで、テレビが映らないと言われていたので、ケーブルの問題かなと思い別売りのケーブルは購入したかどうかをお聞きしました。

アンテナはそのままでUHFが映ってたとのことだったので、お聞きしたのですがケーブルは関係なくてアンテナに問題があるとおっしゃっていました。

地デジに移行したあともずっと映らなかったようで、ジョー○ン電気に言って事情を話されたようです。

るんるんに来てド○キホーテの店員の不親切さとジョー○ン電気の定員の対応のよさを延々と語られていました。

結局訪問してみないとわからないということで、見積もり代数千円がかかるが見に来てもらうということになったみたいです。

屋根の上にアンテナを取り付けする見積もりを出されたみたいで、ご本人としては屋根の上にアンテナを取り付けることに抵抗があるとのことで、ジョー○ン電気に行って室内用のアンテナを購入されました。

その時に初めてこれまで室内アンテナでご覧になっていたのが判り、最初にアドバイスしたケーブルを交換したらどうかという僕の意見はまったく見当はずれだったことに気が付きました。

状況を把握しているジョー○ン電気で室内アンテナを購入したにもかかわらず映らなかったようです。最終的にはジョー○ン電気でもちゃんと対応してもらうことが出来ず途方にくれられていました。

デジタル化になってからすでに3週間が過ぎています。

アナログのときは室内アンテナで十分に映っていたのであればデジタル用のチューナーを購入されたらどうかと提案し、そんなに遠くないコ○マ電気を進めました。

2・3日して電話してコ○マさんに来てもらったということだったのですが、公衆電話の電話帳で上から○ジマ電気を探して近くのコジ○さんに来てもらったようでした。

電話をかけるとお母さんが出て、工事ができる息子は風呂に入っているとのことで、また翌日連絡したとの事でした。

結局、屋根にアンテナを取り付けたそうです。

地デジ移行から1ヶ月が過ぎていました。

そのあとも画面が急に暗くなるということでしたが、たまにしかならないということでそのままにされていたようです。

最終的には、説明書を持ってきてもらって設定の仕方をレクチャーして一件落着しました。

自分にとってはあたりまえのことでも相手は全然違った思いをしていることは、日常においてたくさんあるはずです。

とくにサービス業、飲食店も不動産仲介業もそうですが、自分の意見を主張する前に相手の気持ちを把握することが、大切だと思います。

本日のおまけ画像

家電量販店のビル内で販売されていたビリケンさん。

ビリケンさん.jpg

ガラス越しに足の裏を撫でてきました〜わーい(嬉しい顔)

最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。
内容がおもしろいと思われましたら、更新の励みになりますので、応援のクリックをお願いいたします。→人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
posted by 時間プランナー at 18:55| Comment(0) | 日々の営業での気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。